ケアニンとは
介護、看護、医療、リハビリなど、人の「ケア」に関わり、自らの仕事に誇りと愛情、情熱を持って働いている全ての人。
厚生労働省によると、団塊の世代が75歳以上になる今から約10年後の2025年、38万人もの介護職員が不足すると言われています。悪いニュースばかりが注目される“介護の仕事”。しかし、本当にそうなのでしょうか?そして、私たち誰もが今後必ず直面することになるであろう「介護」に、悪いイメージだけを持ったままでよいのでしょうか?この作品は、これまで映画やドラマで描かれてきたような、画一的な介護現場は描かれていません。この仕事に魅せられ、心からやりがいを持って働いている人たちがいます。認知症になってもその人らしく生きられるようなケアを実践している施設があります。「介護」という枠にとらわれず、理想の地域社会を築こうとする仲間たちがいます。人の人生と向き合い、最期まで寄り添う仕事―、私たちは、これまでとは少し違う視点で、“介護の仕事”にスポットを当てました。介護とは何か?そして生きるとは何なのか?観た人が自分ごととして考え、明日からの生き方が少し前向きになるような、そんな作品を目指したのです。脚本制作にあたっては、独自のメソッドを持ち各方面から注目を浴びる神奈川県藤沢市に実在する施設「おたがいさん(株式会社あおいけあ)」はじめ、約30ヶ所の介護福祉施設や専門学校、関連団体に取材のご協力をいただきました。実際の“介護の仕事”、それは毎日が感動に満ち溢れています。
ストーリー
大森圭(男性・21)は新人の介護福祉士。高校卒業後、これといってやりたいことがなかった圭は、漠然とした理由で介護の専門学校へ入学。卒業後、圭が働くことになったのは、郊外にある小規模多機能施設。認知症の高齢者たちと上手くコミュニケーションが取れず、悩む日々が続くなか、圭が初めてメインで担当をすることになったのは、認知症を発症した星川敬子79歳。試行錯誤しながらも、先輩スタッフたちの協力もあり、少しずつ敬子との関係性を深めていく。「なんとなく」で始めた介護の仕事に、いつしか本気で向き合うようになっていく圭だったが…。
キャスト
photo
大森圭役:戸塚純貴
1992年7月22日、岩手県生まれ。
2010年に第23回ジュノン・スーパーボーイ・コンテストにて“理想の恋人”を受賞。TVドラマ『花ざかりの君たちへ~イケメン☆パラダイス~2011』(11/CX)で俳優デビューを果たし、翌年の『仮面ライダーウィザード』への出演で一躍人気を博す。「ゼクシィCM ふたりの法則」やバラエティ番組「痛快TVスカッとジャパン」(15~/CX)への出演で注目を浴びるなか、近年は、『HK/変体仮面 アブノーマル・クライシス』(16)等の話題作に出演。現在放送中の『侠飯~おとこめし~』(TX)では持ち味の個性を印象づけている。映画『けんじ君の春』(16)では主演を務め、待機作には、主演の第3回ドラマ甲子園「変身」(CX)がある。
photo
藤原令子
1994年8月16日、岡山県生まれ。
2010年ドラマ「みぽりんのえくぼ」でデビュー。その後「めざましTV」(CX)のリポーターやドラマ「高校生レストラン」(11/NTV)、「黒の女教師」(TBS)、映画『今日、恋をはじめます』、『ももいろそらを』(13)等に出演。映画『シネマの天使』(15)では、主演を演じた。近年は、「MOZU」(14/TBS)や「デスノート」(15/NTV)など話題のドラマへの出演やCMなど、多方面で活躍中である。
photo
星川光彦役:山崎一
1957年9月13日、神奈川県生まれ。
95年に英会話学校のCMにてACC賞受賞して一躍注目を浴びる。多彩な演出家の舞台、ドラマ、映画でも幅広く活躍中。主な作品として特に『Love letter』(95)、『打ち上げ花火、下から見るか?横から見るか?』(95)、『スワロウテイル』(96)などの岩井俊二監督作品などの作品で存在感を印象づけている。近年は『マイ・バック・ページ』(11)、『悼む人』(15)、『駆込み女と駆出し男』(15)などに出演している。
photo
佐藤夏海役:松本若菜
1984年2月25日、鳥取県生まれ。
「仮面ライダー電王」(07/EX)で女優デビュー。そして、人気ブログから映画化された『腐女子彼女。』(09)で初主演という大役を務めた後、ドラマ・映画に出演する傍ら、自身の出身地である鳥取県の「とっとりふるさと大使」を務めるなど、多分野で活躍している。近年の主な出演作に、映画『ペコロスの母に会いに行く』(13)、『駆込み女と駆出し男』(15)、『GONIN サーガ』(15)、『無伴奏』(16)などがある。待機作に映画『愚行録』(17年公開予定)が控えている。
photo
菜 葉 菜
7月17日、東京都生まれ。
2011年の『YUMENO』で映画初主演を果たし、その強烈な個性で一躍脚光を浴びる。主な出演作は、映画『夢の中へ』(05)、『ヘヴンズストーリー』(10)など。2010年公開の主演作『ハッピーエンド』は米国オースティン映画祭で最優秀観客賞を受賞している。近年は、WOWOW版「沈まぬ太陽」(16)や、Webドラマ「火花」(16)『64(ロクヨン)』(16)などの話題作への出演もあり、活躍の場を広げている。
photo
小市慢太郎
1969年2月15日、大阪府生まれ。
2010年まで劇団M.O.P.に所属し、舞台を中心とした活動から今では映画や、ドラマまで幅広く活躍している。2001年に映画『張り込み』で主演を演じた。『パッチギ』(05)や『るろうに剣心 京都大火編/伝説の最後編』(14)など人気作品はもちろん、『Pink SUBARU』(10)や『KANO 1931海の向こうの甲子園』(14)といった他国との共同制作をした作品にも出演。ドラマやCMなどへの出演が後を絶たない、マルチに活躍する俳優である。
photo
星川敬子役:水野久美
1937年1月1日、新潟県三条市生まれ。
57年に「気違い部落」でデビュー。映画『マタンゴ』(63) 『怪獣大戦争』(65) 『フランケンシュタインの怪獣サンダ対ガイラ』(66)などの東宝特撮シリーズの 映画に数多く出演し、日本のみならず海外からファンレターが届くほど世界中に 熱烈なファンを得る。その後、「大誘拐」(91)『白鳥麗子でございます!』(95) 『ゴジラ×メカゴジラ』(02)「ゴジラFINAL WARS」(04)などの話題作に数多く出演、幅広い役柄を演じ分ける実力派女優として活躍中。
スタッフ
photo
監督 鈴木浩介
1961年生まれ 神奈川県出身
バラエティ番組などの演出を経て『HAPPY PEOPLE』(97)で劇場監督デビュー。
WOWOW版「空飛ぶタイヤ」(09)、「マークスの山」(11)、「下町ロケット」(11)、「沈まぬ太陽」(16)など、数多くのテレビドラマの演出を手がける。劇場映画最新作は、実在する総合PR会社ベクトルを舞台にした『東京PRウーマン』(15)。
映画「ケアニン」では、映画を応援していただけるサポーターを募集しています。
映画を応援していただけるサポーターを企業、団体、学校、個人から幅広く募集いたします。
詳細・お申し込みはコチラ
ケアニン
特別協賛 :
UAゼンセン日本介護クラフトユニオン
特別協力 :
株式会社あおいけあ
協  力 :
公益社団法人 日本介護福祉士会
一般社団法人『民間事業者の質を高める』全国介護事業者協議会
全国小規模多機能型居宅介護事業者連絡会
公益社団法人 日本介護福祉士養成施設協会
全国社会福祉法人経営者協議会
公益社団法人 全国老人福祉施設協議会
公益社団法人 全国老人保健施設協会
未来をつくるkaigoカフェ